よくあるご質問

【SHV39】Bluetoothの対応バージョン・対応プロファイルは?
【対応バージョン】
Bluetooth標準規格 Ver.5.0 *1

【出力】
Bluetooth標準規格 Power Class 1

【対応プロファイル *2(対応サービス)】
■HSP:Headset Profile(ヘッドセットプロファイル)*3
■HFP:Hands Free Profile(ハンズフリープロファイル)*4
■A2DP:Advanced Audio Distribution Profile(アドバンスドオーディオディストリビューションプロファイル)*5
■AVRCP:Audio/Video Remote Control Profile(オーディオ/ビデオリモートコントロールプロファイル)*5
■HID:Human Interface Device Profile(ヒューマンインターフェースデバイスプロファイル)*6
■DUN:Dial-up Networking Profile(ダイヤルアップネットワーキングプロファイル)*7
■OPP:Object Push Profile(オブジェクトプッシュプロファイル)*8
■SPP:Serial Port Profile(シリアルポートプロファイル)*9
■PBAP:Phone Book Access Profile(フォンブックアクセスプロファイル)*10
■PAN:Personal Area Networking Profile(パーソナルエリアネットワークプロファイル)*11
■HOGP:HID Over GATT Profile(エイチアイディーオーバーガットプロファイル)*12

*1 端末およびすべてのBluetooth機能搭載機器は、Bluetooth SIGが定めている方法でBluetooth標準規格に適合していることを確認し、認証を取得しています。ただし、接続する機器の特性や仕様によっては、操作方法が異なる場合や、接続してもデータのやりとりができない場合があります。
*2 Bluetooth機器の通信手順を製品の特性ごとに標準化したものです。
*3 端末に市販のBluetooth対応ヘッドセットをBluetooth接続すると、ワイヤレスで通話できます。
*4 端末にカーナビなど市販のBluetooth対応ハンズフリー機器をBluetooth接続すると、カーナビなどを利用してハンズフリー通話できます。
*5 端末に市販のBluetooth対応オーディオ機器をBluetooth接続すると、ワイヤレスで音楽などを再生できます。また、Bluetooth機器からリモコン操作できる場合もあります。ただし、データの種類によっては対応する機器が制限されます。
*6 端末にキーボードやマウスなど市販のBluetooth対応入力デバイスをBluetooth接続すると、Bluetooth機器から端末を操作できます。
*7 一部のカーナビゲーションシステムのみに対応しています。ご利用にあたっては、 auホームページをご参照ください。
*8 端末にBluetooth機器をファイル転送サービスで接続すると、Bluetooth機器との間でデータの送受信を行うことができます。
*9 仮想的なシリアルケーブル接続を設定し機器間を相互接続することができます。
*10 Bluetooth機器に本体メモリの電話帳データを転送することができます。電話帳データの内容によっては、相手のBluetooth機器で正しく表示されない場合があります。
*11 パソコンなどのネットワークに参加し、インターネット接続を共有することができます。また、端末にパソコンなどをBluetooth接続すると、Bluetoothテザリングを行うこともできます。
*12 端末にキーボードやマウスなどのBluetooth Smart機器をBluetooth接続すると、Bluetooth Smart機器から端末を操作できます。


・Bluetooth機器の取扱説明書もご覧ください。
・SCMS-T非対応のBluetooth機器では、データの種別により音声が出力できない場合があります。

このFAQは役に立ちましたか?